ご機嫌なmydays

ニコニコ動画の党首討論での司会者の不手際

昨日、ドワンゴが運営するニコニコ動画で、参議院選挙の公示を前にした党首討論が開催されたようです。
政治家にとっては、若者のテレビ離れが著しいため、インターネットメディアのニコニコ動画のことを重視しているようです。

ところが、昨日のニコニコ動画での党首討論の司会者が、自称社会学者の古市憲寿氏だったようですが、この古市氏が生活の党党首の小沢一郎氏に対して「小沢さん再婚したんですか?」とトンチンカンな質問をしてしまい、小沢一郎氏を激怒させてしまったようです。

なぜ司会者として政治的に中立な立場でなければならない古市氏が、政策討論とは関係のない「再婚したのか?」という質問をしたのか不思議でなりません。

正直言って、政治討論の司会者としての資質には疑問を投げかけなければならないと感じました。しかも、ニコニコ動画のスタッフがすぐ古市氏の手元に謝罪文の原稿を差し入れたのですが、古市氏はスタッフに対して「これ、どうしても読まなきゃいけないの?」と尋ねたそうです。

つまり、古市氏には自分の発言が政治的に公平さに欠けていたという認識がなかったのでしょう。そして、なぜ謝罪をしなければならないのかを理解できなかったということは、その程度の知識人だと思いました。

いま私が希望することは、今後メディアは、古市氏に政治的なコメントを求めないでいただきたいということです。その方が、選挙において有権者が投票判断をくだすにあたっては公平公正であると感じるからなのです。

生理前の精神的な不安定

わたしは生理一週間ほど前になると気分も落ち込み、不安になったりなど精神的にもかなり不安定になります。ひどくなると自分がとても嫌になり、鏡を見るのが怖くなります。自暴自棄になって物に当たることもありました。
体調も良くなく腹痛、頭痛、腰痛など身体の様々なところが痛みだしたりするので、その痛みが原因でまたイライラしたり落ち込んだりなどしてしまいます。
生理がくるたびに気分が沈むので、生理がくるのが嫌になります。
ですが、そういう時こそ気分を落ち着かせたりハーブティを飲むなどリラックスを心がけるようにしています。リラックスは女性のミカタです。何も考えず常に好きなことを考えたりなど気分を紛らわせ、生理鬱にならないように心がけています。

わたしもPMDDはひどくある方ですし、周りの人もみなさんほとんどが生理前から生理中にかけて気分がマイナスになるという方が多いです。痛みなどは薬などで多少紛らわすことができると思いますが、気持ちの問題はなかなか紛らわせないことが多いと思います。
やはり好きなことをし、プラスの気持ちを持つように心がけることはわたしはとても大切だと思います。
症状が辛いときは同じ女性の方や、産婦人科に相談するなど話を聞いてもらうだけでも違ってくると思います。あとはPMDDのサプリなんかもあるみたいです。
やはりPMDDといっても人それぞれ症状は違ってくると思うし、対応も変わってくると思うのであえて向き合ってみて自分に合った対処法を見つけるというのも一つの方法かと思います。

今の自分に欲しいものを手に入れるためには

彼氏ができない理由はもしかしたらこれが原因!?
日々仕事やその他の身の回りの雑用に追われていつの間にか時間が過ぎています。

生きていくうえでは仕事をしないといけないし、衣食住生活も大切にしないといけないと感じています。そのような多忙な毎日の中で本当に自分はこれで良いのか?と思うこともあります。
なりたい自分にすこしでも近づいているのか?
私が欲しいと思っているものが手に入る道筋をたどっているのかどうか?
そんなことを考える時間もないほど毎日めまぐるしく過ぎていきます。

自分が欲しいものを手に入れたいと強く思ったのは中学生の時でした。初恋がきっかけです。
好きな人がいても行動に移せずにいつまで経っても彼氏はできませんでした。思春期の女の子が読む雑誌に載っていた不思議な力が生まれるペンダントがあれば彼氏ができるかもと思ったものです。
あのペンダントさえあれば、私も活発になって好きな彼に話しかけられるかもと何度も妄想しました。けれども実際はそれを買うお金もなく自分の性格を変えることもできず。彼氏はなかなかできませんでした。

その彼氏ができない状態は二十歳を超えても続きました。自分を何とか変えたいと思っても無理でした。そのような中で自分を無理やり変えられたのは仕事でした。仕事で異性と話さないといけない場面が増えたのです。それがきっかけで彼氏は何とかできました。

しかし、今また自分の能力と自分自身で自分を変えることに限界を感じています。時間もないし方法も分かりません。そのような中で気になったのがザシークレットサブリミナルCDです。完全オリジナルのCDを作成してもらえるのです。自分がリラックスできる音楽を聴きながらサブリミナル効果があるのでなりたい自分に近づけるものです。

なりたい自分に近づけたら本当に出会うべき彼氏ができ、仕事ももっと受注が増え独立できるかもしれません。好きな家具に囲まれた生活も夢ではないかもしれません。決して安い買い物ではありませんが、リラックスできるだけでも忙しい毎日から解放されて意味があると思います。もう少しザシークレットサブリミナルCDのことを調べて一度試してみようかと思いました。

どっちが譲るべきか

保育園が足りません、行政の仕事はとりあえず数をふやして需要を満たしましょうになりますわな。時間もないからゆっくり根回しなどはできないかもな、それよりも根回しなどという高度なことができないもんだから、いきなり法律にのっとってと上から目線になり、あと大騒動。歩み寄りはなく、どっちかが譲るしかない。さてそんな場合誰が譲るべきか。

静かな生活環境が壊されると。子供の声は騒音なのか、そんな騒音ととらえるような社会で子供の数は増えはしないですよね。

甲高い子供の声をはかって電車の騒音レベルなどというのをみるけど、子供の声を一般的な騒音と同率に考えるという発想そのものが間違ってないか。

静かな環境も大事でしょうが、その静けさって死に体の静けさですよ。活性化してない地方の町、見渡せば猫いっぴき見つけられません。静かでいいのですと言えるか?年をとって静かなのはよしかもしれないけど、年寄りだけの死に体の町ってどうなのよ。5年たてば10年経てばますます年代はあがっていきます。毎年残酷にも年だけは確実にとっていくんだよ。住まなくなった廃屋に近い家山ほど。自分だけは無縁でいられるか。

にぎやかな子供もいてこその社会です。譲るべきは年寄り、住人のほうだと思うのですよ。年寄りだけの死に体の住宅なんて価値は下がっていくばっかり、とうとうあるNPOが100円住宅を売り出したよ。親とは違うところで生活をしている、親はなくなった、先祖伝来の田畑、住宅みんな売れません。でっかい家、納屋から仏壇までついてますというようなもの。

私静かなところで住んで死にたいのです。気持はわかりますが、年月って残酷です。今はよしとしましょう、しかしどうすんだです。一生かかって高い金額で手にいれた住宅かもしれませんが、今やそんなの負の遺産になるのをいっぱい見ています。そんなことを言い募っている人が例外ですなどとは言えませんて。

リストカットの痕を消したい

後悔先に立たずで、リスカ跡というのは後悔の原因となることが多いようです。
一時の感情に任せて、その時は楽になりますが、傷跡は残ります。
冬は服で隠せますが、夏場などは長袖を着ていると不自然ですし、
袖をまくり上げた時に見られてしまう確率が高いです。
一般的にそういう傷を見るとみんなに引かれる場合が多いです。

私は肌色の医療用テープなどで隠したりしていましたが、
やはり不自然ですし、逆に目立ってしまうこともあります。

そこでネットで検索してみたとところ、切除縫合手術という、
傷跡の部分の皮膚を切除して、縫い合わせるという方法を見つけ、実際にその病院へ行き施術を受けてみました。
きれいな元の皮膚に戻ることはありませんが、「リスカ跡で無くする」ことができました。
気になるリスカ跡の治療費も安くおさえられました。

リスカ跡、後悔しても何も始まりません。
皮膚を切除…とまではいかなくても、市販の製品で何とか一時的にですが隠すことができると思います。
またカットした後に傷パワーパットや、アットノンなどを塗ることで傷をきれいに治す事も出来ますし、
切除縫合手術とまではいかなくても、ケロコートなどのシリコンジェルなどで後から傷を目立たなくすることも出来ます。

でも、傷つけてしまう心のほうが問題になるのではないかと思います。
ネットが普及した現代、カウンセリングを受けられるクリニックや、病院を探すこともできます。
それが難しい場合、ネットカウンセリングなどを受けることができます。
とにかく、ひとりで抱え込まないで、誰でも良いので話をきいてくれる人に相談しましょう。
経験者のブログなどでメッセージを送ってみるのも手です。

手伝い

お茶の仲間の一人が生協の理事をしているんだとか、生協の祭り?わりあい近い所に生協の物流倉庫があるのは知ってはいたけど、今回の祭りの会場はここ。お茶会というほどのものではないけど、お茶を出したい、手伝いをということで行きました。

柏餅つき薄茶、300円というもの。大変リーズナブルな値段なんだろうけど、まわりに売っているものと比べれば安いとも言えないかも。手伝い頼んで来た彼女が用意は全部してきますというわけ。

私生協の会員でもなく、色々な業者が売りにきているところを見れば、あれは生協という総合商社かも。販売の相手が会員というだけの普通の商社?民業圧迫ということも言われるのかな。

私は普通のお店営業に力いれている、工夫をこらしてもなかなか大変という現状をわりあい知ることがありますので、当然普通の店の贔屓をしています。卸の人が祭りということで手伝いに駆り出されているのでしょうが、問屋の人に手伝いさせて売る、どこも一緒かも。

持ってきた商品持ち帰られないから協力をという呼び声に、冷凍のものどさどさと買う羽目に。帰宅して冷凍庫に入れ直しただけ。

ほんの少々の手伝いに2000円が支給されました。
入り口に熊本地震の支援募金箱、ここではいただいただけ全部支援箱に。個人の募金は郵便局から。

季節もよしと、どんな所でもお茶を出すというのははやりかも。ものすごいがやがやの所で熱いお茶を飲みましょうという人はそうはいない。こんなの必要なの、手伝いくらいいくらでもいたしますが、疑問であります。

こんな一日

昨日は茶友に誘われて一日楽しくぶらぶら。

彼女は娘さんとも落語好き、富山で立川志楽の独演会ありとのことで前もってチケット購入。志楽は毎年富山で独演会を何度も開いているよし、贔屓の落語家さんらしい。それが娘さん持病悪化して入院中、とても行けないのでとお誘いかかりました。

折角富山行きだからと、八尾の蕎麦道場出身者が10割蕎麦に拘り、そば粉の産地にこだわりどこそこの蕎麦はこれ、あれと拘れば店は繁盛したよし。そこで10割蕎麦を食べてからと時間をみはからいでかけました。

店主こだわりの10割蕎麦御膳をいただき、先日6月11日に開館したという「森記念秋水美術館」に出かける。「細川護煕の美と永青文庫の至宝」も開館記念特別展のほうが好みかも。

秋水とは、曇りなく研ぎすまされた日本刀を表す言葉だそうです。いま刀剣女子という言葉もあるとは聞いていましたが、若い女性が沢山来ていたのには驚き。

静謐と豪奢という言葉はなるほどですが、刀剣の見方わかりません。どこがすごいのかわからず、拵えならばすごいよねのポイントはまあわかるかなであります。

今時個人美術館を開館されるとはすごいよねです。いつか個人美術館閉館されたのはまま聞いておりましたから。館長さんの本業は製薬関係、富山県でありますな。刀剣収集家としてつとに有名な人だそうな。

細川さん首相していらした時よりも充実していらっしゃるのではと思う。色々な種類の焼物に挑戦していらっしゃるし、またすごく消化されてると思いますもの。

其の後草月流の華道展を拝見。

楽しい一日ぶらりでした。

ポキポキ鳴る膝にビクビク

昔、元気が取り柄だったので毎日思いきり体を動かして仕事をしていたら、お前はよく頑張っているよと言われていました。
その言葉が嬉しくてますます頑張って働いたんですよ。
そうしたらどんどん痩せるし筋肉はつくしでいいことだらけでした。

しかし、ある時からしゃがむと膝がポキッと鳴るようになったんですよね。
それが一度や二度ならともかく、毎日一度は必ず鳴るようになったので怯えました。
グルコサミンの摂取も考えましたが、その時はまだ若いしいいだろうと思って手を出さなかったんですよね。

けれどその仕事を辞めた今でも膝が鳴るので、もはや年齢とか気にしている場合ではないと思うようになりました。
健康でいたいと思うなら、早々に手を打つべきですよね。
おすすめの塗るグルコサミンがあれば、楽で続けられそうなものを購入するべきだと思っています。

グルコサミンの効果に期待していますよ。
ものぐさな私ですが、健康に関することは頑張ります。
健康な体ってお金で買えるものではありませんからね。

この間胃炎で病院に行った時、心底思いました。
お腹痛いな。気持ち悪いなと思いつつ放っておいたら点滴打ったり薬を飲んだりしなければならないんですからね。
もう異変を感じたらすぐに対策したほうがいいんですよ。

しかし運動していると膝に負担がかかるものなんですね。
アスリートでもないし、ただ仕事をしていただけなので膝から音が鳴るようになるまで、考えもしませんでした。
そういえば立ったりしゃがんだりする動作の多い仕事ではありましたけど、そういうのも関係があるんでしょうか。

思い出してみるとその仕事をしてからたった一年で膝が鳴るようになったんですよね。
相当動いたんだなと思います。膝を労わってやらないといけませんね。

時間と根気が必要

ネット内職などの定番として、よく【メールで稼ぐ】というものを目にします。初めは手軽そうだということで、手を出しました。しかし、実際にやってみると、なかなか根気が必要でした。
どういった方法かにもよりますが、私の場合はポイントサイトに登録し、そこから送られてくるメールにアクションすることでポイントを貯める方法でした。やってみた感想としては、ポイントがなかなか貯まらないということです。また、メール1通当たりのポイントも低く、実際に換金するまでに相当な時間がかかりました。時間と、それ相応の根気が無ければ続けるのが難しく、稼ぐこともできないのかもしれません。ポイントサイトだけで稼ぐのは厳しものがあります。

私の友人の話ですが、SNSのようなところでメールを利用して稼いでいるようです。まずSNSでやり取りをし、メールアドレスの交換をした上で依頼を受けるそうです。友人はプログラムの知識があり、簡単なものであれば作成できるそうです。その作成したプログラムをメールで送り、その分の報酬を受ける形で稼いでいるようでした。
メールでやり取りができる中で、専門の知識があれば、より稼げるのですが、それでもやはり、根気と時間が必要です。私自身はそういった知識が無いため、あまり稼げませんでしたが、知識がある人、根気がある人であれば、十分に稼げる可能性があります。知識がなくとも、様々なサイトを使うなど、方法は様々ですが、稼げる可能性は十分にあるのかもしれません。

空き時間にできる主婦の在宅ワーク

思い出というより、現在でも空いた時間を使って、タイトルに目を通して、自分が理解できるような項目について意見を書いたり、回答を選んだりしています。
「主婦の在宅ワーク」として幾つかがあり、自分のテーマと合った会社を選べるので安心です。意見の記入や商品の評価などには、あまり時間がかからないので、家事や他に使う時間を妨げません。

初めた頃は、1日の空き時間にできるだけ多く記入したり、気がつくと4,5時間が経過していたりしていました。最近は、時間があまりかからないと思われるタイトルを選び、ゆっくり、落ち着いて取りかかっています。珍しい製品のタイトルもありますが、大抵誰でも知っているようなことを改めた意見を書いています。

会話メールのやり取りを目的とした、「主婦の在宅ワーク」は、最高で月に10万円は、収入があると書かれています。しかし、よくメール書かれた内容例を観ると、知らない宛先に向けた、直接過ぎの軽い送信メールで、送っているうちに怒られることはないか、メール削除されるだけではないかなどと考えるとあまりやる気は出てきません。

やっぱり、日常で考えることができるテーマが与えられたほうが、主婦の人にとっては魅力的です。また、普段の生活を改善したり、ちょとした買い物が割引で買えたり、いいことずくめです。
アフリエイトの在宅ワークは、最初に納める金額がありますが、送信できればそのままできる在宅ワークもいろいろとあるので、選んですぐに始めることができます。
【警告!】主婦が在宅ワークをする前に読むサイト

« Older posts

Copyright © 2016 ご機嫌なmydays

Theme by Anders NorenUp ↑